お葬式は突然やってくる

お葬式は突然やってくる 人が不慮の事故、突然死などで亡くなった場合、それは突然やってきます。長く療養している家族がいるとしても、亡くなることを家族としては考えたくないものであり、お葬式について深く考えることを避けてしまう人も多いです。しかし、万が一亡くなった場合、お葬式は嫌でも行わなくてはならない儀式となります。宗教などによっても違いがありますが、一般的に通夜、告別式、火葬というスケジュールを組む必要があります。お葬式についてある程度の知識を持っていなければ、後になってから、もっとできたことがあったのではないか、こういうお葬式で故人は満足できたのだろうかと後悔してしまう可能性もあります。考えたくないことですが、最後のお別れをどう行うべきか、家族でしっかりと考えておくことは重要なことです。大切な人が亡くなることを考えるのはつらいことですが、避けて通ることのできない大切な儀式であるため、流れを知っておく必要があります。

病院で亡くなる方が8割を超えるといわれる現代、病院でしばらく遺体を預かってくれるということはなく、早急に安置される場所に移送しなければなりません。その時には、葬儀社を決定していなければいけないため、亡くなってからすぐにでも手配が必要となります。しかし、葬儀社を決定しておらず、遺体を自宅に持っていけるかの確認をしていなければ当日になって慌ててしまうことは目に見えています。葬儀社を決定し、遺体を搬送してお葬式の段取り、スケジュールを決定することになりますが、どの程度の規模で行うのか、葬儀社の方と相談する必要もあります。菩提寺がある場合、僧侶の都合なども聞く必要があるため、菩提寺をはっきりさせておき、またどの形式の式にするのかも考えなければなりません。

お葬式は早い決断が必要です。遺体の傷みを考えても、またその後納得いく式にするためにも、式のことについて知識を持っておくことは家族としてとても大切なことです。費用などについても理解が必要ですが、ここでは遺体の搬送から通夜、告別式など、お葬式の流れについて説明します。流れを理解しておくことで、どのタイミングで何が必要となるのか、知識を持つことができます。

遺体の移送から火葬までの現代の一般的なお葬式の一連の流れを頭に入れておくと、スムーズに式を終えることができます。その中で何をどのように行えば、後悔のない納得の式となるのかをしっかりと考えていきましょう。

最新ニュース